ちゃん、恋しと言はば

形相が素晴らしいとか、富持ってるとか、念頭が喜ばしいだの、オシャレだのetc……くだらねえため男性選びやがってぇぇ。さらに己の想いを評価してくれ!
セルフ、自室のベッドの上で泣く青年がセルフ。そんな青年を見て、彼の背中に思いきり、
「リュウくーん!!」
「げふっ」
ダイブ。フラれた打撃もあり、心身共に苦痛は厳しいようだ。
「こんな時間に寝てんの?大学生って倦怠ですなー」
「……タイガ。おめぇ、窓から来んなとあれほど……」
「だって出入り口から訪れるの煩わしいじゃん。リュウちゃんだって常に窓閉めずにいてくれてんじゃん?それより何か凹んでる?ひょっとして、またフラれた?」
無邪気な年下の少年・タイガによる発言が心に突き刺さるリュウ。真理だからです。
しかもあろうことか、タイガはリュウがフラれる要因をずっと的確に上げて行く。流石に温厚なリュウも彼の発言にムカムカしだし、
「ガキのくせにでけぇ口きいてんじゃねぇ!」
それほどいって彼のズボンをパンツ単位相当ずり卸す。
すると、
「なっ……へ、へー……思ったよりヘア、生えてんじゃん」
ついに見るタイガの商品にドキドキするリュウ。そこから二人の関係は近付き吐出し……。
テキスト作品は夫人限定品物で、年上男性と年下男性がジットリしまくるお伝え。
大学生ながらも女性にふられ積み重ねる青年・リュウ。彼を慕い、常々窓からやってきてはリュウにべたべたやる年下の少年・タイガ。年・背の違いから、一見すると兄と弟、達人と後輩の様な関係の両者。
タイガがじゃれつき、リュウは冷めた所作で邪険にするのが常だったものの、フラれた打撃と、タイガの心無い発言に怒り、彼の肌着を卸した実例から異性?が始まる……という流れですね。凄く特殊なシチュエーションと言うか、訪れほうが独特ですよね。
とはいえBL商品で異性に失恋し、ショックを受けた実例から、相手の男性に慰めて受け、そこから異性、エッチを始めるというのは最早常連!テキスト作品もその常連を本当に踏まえてあり、二人は緊密な関係になっていくんですが、いやー……あの試料だけだとどういうカップルになるのか、念願出来ませんか?
リュウがノンケにしか見えないですからね。でも、タイガの積極的で、それでいて純粋無垢な慕う心に惹かれて、彼にメンタリティを許して行く……素晴らしい。
テキスト作品はハンディアニメで配布内側だ!
特に、正邪一度、試料を読んでみてください!後悔しない質だ!
フルーツ青汁